超簡単!洗濯物片付け方法

スポンサーリンク
経験談

こんばんは!ポン助です。

突然ですが、実は私…かなりズボラなんです。

平日は家事をほとんどしないんです。

いや、する時間がないというか…。

食器洗いと洗濯、最低限の料理くらいです。

その中でも、特に洗濯物を畳むのってすごく苦手で、週末にまとめて畳むような状態です。

今回は、そんな厄介な洗濯物をやっつける方法をご紹介します。

スポンサーリンク

洗濯物を畳むという行為

「洗濯物を畳む」…みなさん、出来ています?

出来ていないのは、私だけなのかな?

共働きで、朝はバタバタ、夜は帰ってきてすぐに夕食を準備して、お風呂に入れて、食器洗いをして、保育園のノートを書いて、翌日の持ち物を準備して…就寝。

本当に時間がないです。

 

でも洗濯はしないといけない

      ↓

乾いた洗濯物を畳んでしまわなければならない

 

ええ、必須事項です。

私にとってこの「選択物を畳む」という行為はとても面倒で厄介で億劫なものです。

時間はかかるし、細々したものをそれぞれ分けてしまうって結構大変ですよね。

なので、ずーーーーっと対策を考えていました。

その1:山積み作戦

まず、行ったのは乾いたものを同じ場所に集める「山積み作戦」です。

現在、使っていない部屋があり、その部屋がリビングと近いということもあり、その部屋に山積みにしていました。

対策というより、何もしなければこうなってしまうと思います。

結果…

洗濯物はしわくちゃ。どこに何があるのかわからないので、山を崩しては、また山を形成…。

山の下にある服は本当にしわがすごくて、外に着ていくのは気が引けるほどです。

言うまでもなく、失敗です。

その2:ハンガー作戦

次に試したのは、「ハンガー作戦」!

以前テレビで見たのを思い出しました。

方法はいたって簡単です。

ハンガーにかけて洗濯物を干します。

乾いたら、ハンガーのままクローゼットのポールに掛けます。

後は使うたびにハンガーから取り着るというサイクルです。

これは、洗濯物を畳む必要がなく、また「山積み作戦」のようにしわくちゃになりません。

ただーし、この「ハンガー作戦」には必須条件が1つあります。

ハンガーがたくさん必要ですが、それくらいは目をつぶります。

それよりもっと大きな条件…それは「クローゼットにハンガーをかけるポールが必要」ということです。

しかもすべての服を掛けようと思ったら、かなり広範囲でたくさんのポールが必要です。

…うちにはウォークインクローゼットがありません。クローゼットにポールがついているところもありますが、そんなにたくさんのハンガーをかけるほどはありません。

これはとてもいい方法ですが、うちの場合実践できませんでした。

たくさんのハンガーが掛けれる場所があるなら、この方法は試す価値ありだと思います。

その3:箱分け作戦

最後にご紹介するのは「箱分け作戦」です。

うちではこの方法を実践しています。

方法はいたって簡単です。

まず準備するものを紹介します。

「家族人数分の箱」以上です!

ある程度大きめのものがいいかと思います。うちは段ボールを使っています。

あとは、乾いた洗濯物をそれぞれ人ごとに分けて箱に入れるだけです。

例えば下の子の箱には、肌着・パンツ・服・ズボン・靴下とすべて一緒に入れてしまいます。

使うたびに個々の箱から探して服を着ます。

この作戦のメリットを説明します。

 

1.とにかく簡単。乾いた洗濯物を外すときに箱に分けて入れるだけです。

2.意外としわくちゃにならない。山にしてしまうと下にあるものは半端なくしわが付きます。

ただ、この方法だと1つあたりの箱はそこまでの量にならないので、あまりしわが付きません。

3.着るものがすぐに見つかる。個々で分けているので、靴下を一緒に入れていてもすぐに見つかります。

 

ぜひ一度試してみてください!

最後に

いろいろ模索しましたが、いまは「箱分け作戦」で落ち着いています。

ちなみにうちは、「下着」は脱衣所においている引き出しに畳まずに投げ入れています。

これも1つの段に1人ずつ入れているので、この下着にしたいなど見つけやすいです。

また、うちは4人家族ですが、箱は5つ準備しています。

というのも、タオルはタオルだけの箱に分けています。

タオルってフェイスタオルやバスタオルなど、量もかさも多いので別の箱に分けたほうが楽ですよ。

あとは気分が向いたときにテレビを見ながら畳んでいます。

週に1回ぐらい。もちろん途中で畳むのに飽きるので半分も畳みません。

それでも成立しているので、無理なく続けることができると思います。

ぜひ一度お試しください!!

最後までご覧いただき、ありがとうございました☆