昇降式ホスクリーン(川口技研)が想像以上に優秀!我が家の口コミ&メリットを紹介

スポンサーリンク
商品レビュー

ポン助です。

洗濯物ってほぼ毎日干さないといけない!

なのに室内干しだとなかなか乾かない!場所もない!

とお困りの方も多いと思います。

そんな方にぜひおすすめしたいのが『ホスクリーン』です!

スポンサーリンク

想像以上に優秀だった

我が家は新築時に『昇降式のホスクリーン(URB-L-W)』をリビングに取り付けました。

うちは新築時に洗濯物をたくさん干せるように、

リビングのほかに、脱衣所や土間収納(換気扇も取り付けました)にも

物干しを設置しました。

ただ、一番よく乾くのはリビング!

しかも『ホスクリーン』が使い勝手も良く、想像以上に優秀でした!!

優秀すぎて…新築から2年後にもう一台取り付けたくらいです( *´艸`)

 

ホスクリーンのメリット

我が家で数年使ってみて分かったメリットをご紹介します。

 

リビングに取り付けると乾きやすい

リビングは、エアコンをつけるため洗濯物を干すにはベストの場所です。

エアコンをつけない時期も、基本的に人がメインで生活するスペースなので

空気の流れがあり、他の部屋より明らかに乾きやすいです。

取り付けを検討している方は絶対リビングがおすすめです。

 

使わないときは本当に目立たない

操作棒で竿を昇降させるため、収納しているときは、本当に目立ちません。

わざわざ天井を見ればもちろん見えますが、基本的には視界にほとんど入らないです。

お客さんが来るときは竿を収納しておくと全く違和感はありません。

天井の白と同調するのもあると思います。

 

使わないときは操作棒で簡単収納

室内干しには様々な種類がありますが…

いろんな種類を検討して、最も使い勝手がいいと思ったのは『ホスクリーン』です。

◆折り畳みの室内干し

片付けるのが大変ですし、場所を取ります。収納したときも一定の場所を取ります。

◆わっかを取り付けるタイプ

長い竿(ポール)を片付けるのって…大変ですし、部屋中ぶつけて傷だらけになりそうですよね。

輪っかを手動で取り付けるのは、絶対面倒です。

◆ホスクリーン

来客時以外も洗濯物が乾けば、竿を簡単に収納できるため見た目がすっきりします。

操作も女性でもしやすく、身長に合わせて竿を下せるので洗濯物も干しやすいです。

 

おすすめの取り付け位置

我が家は2台目を取り付けたのですが、その時に取り付け場所に悩みました。

邪魔にならずに乾きやすい場所をご紹介します。

 

リビング

今まで何度もしつこいくらい書いてますが…

絶対リビングがおすすめです。

収納したらすっきりするのでリビングに付けても邪魔になりません。

 

窓の前

晴れた日は窓を開けることで乾きやすくなります。

田舎あるあるかもしれませんが、時期によって外に洗濯物を干すと虫がつくため

晴れた日でも我が家は室内干しです…。

 

人の動線以外

人が歩く場所はさすがに邪魔です。

収納時はいいですが、洗濯物を干していると、

一番上まで上げていても顔に当たります…。

廊下などはさすがに避けてください。

 

引き戸の扉収納部分前

リビングの扉が引き戸の場合は、扉を開けたときに扉が収納される部分がありますよね。

その場所って、邪魔になりにくいので意外と穴場です。

我が家も2台目はそこに取り付けています。

 

ある程度空気の流れがある場所

邪魔になるからと言って、すみっこに取り付けると

空気の流れがなさ過ぎて、湿気が溜まって乾きにくくなります。

人の動線から外す必要はありますが、隅すぎるとあまり良くありません。

 

エアコンの風が当たる場所

これは洗濯物の乾きが全然違ってきます。

可能であれば、エアコンの風が当たる場所(真ん前とはいいません)が

おすすめです。

☟我が家が取り付けたのはこれです!

☟短いサイズもあります!


サイズは2つありますが、長いほうが絶対におすすめです!

最後に

洗濯物って梅雨や冬はもちろん、その他の時期でも

なかなか乾かなくて困ることが多いですよね。

今回紹介のホスクリーンは持ち家じゃないと取り付けができませんが

これから新築を検討の方、一戸建てにお住みの方は、ぜひご検討ください。

ちなみに取り付けは、我が家の場合は工務店の方に付けてもらいましたが

自分でも取り付けれるようです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました☆

スポンサーリンク