0円で作れる!トイトレの踏み台の作成方法をご紹介

スポンサーリンク
育児

ポン助です。

トイトレに必須の『踏み台』

でも市販のものは、サイズが合わなかったり、高価だったりと

悩んでいるご家庭もあるかと思います。

我が家は、悩んだ末に手作りで作っちゃいました!

でもこれが下の子でも使える&大人が乗っても大丈夫なくらい

丈夫に出来たんです!予想外でした!!

今回は、我が家のトイトレ用踏み台の作成方法をご紹介します。

スポンサーリンク

自作のメリット

自作のメリットと考えるのは以下の5点です。

  1. ぴったりサイズで作れるので邪魔にならない
  2. 子供が自力でトイレに行ける
  3. 大便の時など足が着くので踏ん張れる
  4. トイトレ卒業後は捨てやすい
  5. 激安で作れる(我が家は0円)

 

踏み台を自作するメリットについて紹介した記事です↓

トイトレの踏み台を自作するメリット5つ!
ポン助です。 トイトレをこれから始めようと思っている方、真っ最中の方! トイトレには踏み台があったほうが絶対に良いです!! そして自作がオススメです!!! その理由をご紹介します。 市販品で発生した問題点 最初は...

詳しく書いているのでよかったら読んでみてください☆

準備するものは3つ!

準備するものは

・段ボール(2箱分くらい)

・ガムテープ

・はさみ

この3つだけです!!

 

ガムテープは段ボールを固定するためのものです

セロテープのような幅の狭いものだとちゃんと固定が出来ないため

おすすめできません。

幅が広く、粘着度がある程度あるものをご準備ください!

 

また、ハサミは段ボールを切るために使用するので

大きめのハサミなどがオススメです。

切るのに力がいるので…。

段ボールの入手方法

余談ですが、段ボールはスーパーなどで

「ご自由にお持ち帰りください」と準備してるものを

もらって帰りました。

そうすることで材料は0円で済みました!

 

また、作る前に一度簡単な設計図を作成してみてください。

我が家は、トイレの下部分をフルカバーできるように

長方形の段ボールを加工して使用しました。

 

高さなども、子供が上り下りしやすい程度の高さを考え

そのサイズの段ボールを最初から探したほうが作るときに

絶対的に簡単になります!

スポンサーリンク

作成方法

①作りたいサイズに合った長方形の段ボールを1つ準備

ちなみに我が家が使っているサイズは

幅65センチ×奥行40センチ×高さ22センチです。

 

②長方形の段ボールの高さに合わせて切った段ボールを

三角に折りガムテープで止める

 

③長方形の段ボールをトイレに合わせてカット(青色の半円部分)

段ボールの底部分はガムテープでしっかり止めて、蓋は開けた状態でカットしてください。

(赤はガムテープで底を貼っている状態、上側の蓋は開けてあります)

 

④カットした部分を段ボールで壁を作るように貼り付け

蓋の開けている方は後で微調整しながらカットします。

 

⑤②を長方形の段ボール内に敷き詰める

 

⑥最後に長方形の段ボールの蓋をガムテープで閉める

半円部分に合わせてカットをします。

 

完成!!!!!!

 

見た目が気になる方は何か細工をしてもいいと思います。

我が家は来客時は踏み台自体を隠してしまうので、

踏み台は段ボールむき出しのままで使っています。

 

作るときのコツは

・最初から作りたいサイズに合った段ボールを探すこと

・段ボール内に敷き詰める三角の段ボールは形は適当

 (ただし、出来るだけ多くの三角形を詰めたほうが強度が上がります)

です!これがあるだけで格段に簡単に作れます!!

最後に

見にくい絵ばかりでお見苦しかったと思います…。

ただ本当に簡単なのでぜひお試しください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました☆