【失敗しないために】ウォークインクローゼットよりも絶対クローゼットがおすすめ

家づくり

家づくりで1番と言っても良いほど重要な『収納』ですが、どのようなクローゼットを検討されていますか?

『ウォークインクローゼット』も人気ですが、我が家は検討した結果、ウォークインクローゼットを設置しませんでした。その代わりに、それぞれの部屋に『クローゼット』を設置したのですが…これが大正解だったんです!

今回は『クローゼット』がおすすめの理由やどんな『クローゼット』が使いやすいのかなどを紹介します。参考にしていただければ幸いです。

※今回の記事では、壁面や押し入れなどのような収納を『クローゼット』として紹介させていただきます。

スポンサーリンク

クローゼットの必要性

クローゼットは当たり前ですが、絶対にあったほうが良いです。そしてできる事なら各部屋にクローゼットを設置したほうが使い勝手がいいです。

我が家のクローゼット活用例をご紹介します。

☑リビング→子供服を収納。朝簡単に着替えれる。
☑和室→座布団やおもちゃを収納。
☑寝室→寝具や本を収納。
☑トイレ→掃除セットや生理用品等ストックを保管。
☑キッチン→パントリーとして食品ストックを保管。

その場で使いたいものを収納できるので日常生活が本当に便利になります。特にリビングにはクローゼットをぜひ設置してください。

文房具や様々な書類が収納できるだけでなく、服も収納できるので服も選びやすく、洗濯物もすぐに片付けれちゃいます。

▼洗濯物の片付けに簡単&おすすめな方法を紹介しています。
超簡単!洗濯物片付け方法

クローゼットのメリット

それでは早速、『クローゼット』のメリットを紹介していきます。

きっとご家庭でも該当するものがあると思いますので、ぜひ参考にしてください。

場所を選ばない

『クローゼット』はどんな部屋でもほぼ設置ができます。これは当たり前のようで当たり前じゃないんです!

ウォークインクローゼットと比較して考えてみて下さい。

『クローゼット』の場合は我が家のようにリビング内にも簡単に設置ができます。しかし『ウォークインクローゼット』の場合はスペースがかなり必要ですし、設置の場所も限られてしまいます。

場所を選ばないからこそ、各部屋にも設置がしやすく自由自在に活用できるのが『クローゼット』の大きなメリットです。

全スペースを活用できる

『クローゼット』のスペース全てを活用できます。なので収納の仕方次第で、想像の何倍も収納ができちゃいます。

一方、『ウォークインクローゼット』は必ず人が歩くスペースが必要です。この部分には物が置けないですし、面倒になって物を置き始めてしまうとウォークインクローゼット自体を使わなくなってしまい、ごちゃごちゃになってしまいます。

きちんと整理整頓ができる方なら『ウォークインクローゼット』でも十分活用できると思いますが、私のように雑な人には『クローゼット』の方がおすすめです。

扉を開けてすべてを見渡せるのが『クローゼット』の良さです。使い勝手は断然『クローゼット』の方が良いと思います。

狭い家でも設置できる

『ウォークインクローゼット』は歩くスペースが余分に必要なので、設置には多くのスペースが必要です。

一方『クローゼット』は例えば1畳、2畳程度のスペースでもかなりの収納ができます。

なので家があまり大きくないという方にも無理なく叶う収納方法です。

服の収納方法が選べる

一般的に『ウォークインクローゼット』はハンガーにかけて服を収納することが多いです。衣装ケースなどは引き出し分のスペースが必要なので、ウォークインクローゼット内で使用するには少し使いにくくなってしまいます。

『クローゼット』は扉を開けてしまえば衣装ケースの引き出しは問題なく引き出せます。そしてポールを取り付けておけば、ハンガーにかけて収納することもできます。

『クローゼット』の方が、自由な収納がしやすいため、ハンガーでの保管が心配なニットなどは畳んでしまって、アウターなどはハンガーにかけて収納することができます。

クローゼットのデメリット

続いて、私自身が使っていて思うデメリットを紹介します。

…と言っても考えた挙句1つしか思い浮かびませんでした。他にも思いついたら追記していきます。

奥行きがあると使いにくい

デメリットはズバリ『奥行が有効活用しにくい』点です。

奥行きがあってもなかなか収納がしにくかったり、収納しても何があるのか分からなくなってしまうことがあります。

なのでこれから家を建てるという方は、クローゼット内に何を置きたいのか(例えば服を収納するために衣装ケース等)を事前に考えてクローゼットを設置してください。

我が家はこのような奥行がある3段衣装ケースを使用しています。たくさん収納できるので便利ですよ。

おすすめの設置方法

『クローゼット』を設置するにしてもどのようなものを設置するのかで使い勝手は大きく変わってきます。

我が家の例も併せて紹介します。

可動棚

まずおすすめなのが『可動棚』です。これは予算が許すなら絶対に設置してください。

実際に我が家では下に↑で紹介した奥行のある3段衣装ケースを置き、その高さに合わせて可動棚を5段取り付けています。

リビングでは、文房具を収納したり子供の勉強道具を収納したりと可動棚をかなり活用しています。

子供の年齢や生活スタイルなどによって収納するものは必ず変わってきます。

その時に可動棚で良かった~と心から思っています。

ハンガーポール

クローゼットを設置する部屋によって違ってきますが、アウターやスーツなどを収納する部屋にはハンガーポールをぜひ設置してください。

ハンガーポールは使わないかもしれないし、どうしよう…という方は是非取り付けてください!

このハンガーポールは実際に使っているところと使っていないところがあるのですが…使わなかったとしても大して邪魔にはなりません。

それよりも後々使うことになって設置するほうが個人的に面倒だと感じます。

最後に

今回は人気の『ウォークインクローゼット』ではなく昔ながらの『クローゼット』を紹介しました。収納は我が家の家づくりでも1番と言っても良いほど力を入れたところですが、あって困るものではないので、ぜひご家庭の生活スタイルを想像しながら収納スペースを作ってみて下さい。

広いスペースが必要ない『クローゼット』の方が絶対におすすめです!!

他にも家づくり関連記事をたくさん書いていますので良ければご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました☆

タイトルとURLをコピーしました