【ダイエット】出産後も体重をキープするためにしている5つの習慣

スポンサーリンク
経験談

ポン助です。

子どもを2人出産して3年が経過しますが…

今でも出産前とほぼ同じ体重をキープしています。

 

特に痩せてはいませんが、BMIは18.0くらいをキープしています。

その習慣を今回はご紹介します!

スポンサーリンク

何より意識が大切!

当たり前ですが…

意識をしないと体重のキープは出来ません!!

私は常に『ダイエット中』という意識を持っています。

 

ほとんどの人が、食べれば食べた分太ります。

体重をキープしている人は、食べる量を意識をしている人がほとんどです。

 

私はお風呂などでいつも体形を見ています。

出来るだけ客観的に自分の体形をみるように意識をするのもポイントです。

体重キープの習慣5カ条

私が実際に行っている習慣をご紹介します。

3食をフルで食べない

「3食を規則正しく、バランスよく食べる」のはもちろん重要です。

ただ、お腹いっぱい食べません。

 

朝 ⇒ 食パン1~1.5枚&フルグラちょっと。

昼 ⇒ 気持ち小さめのお弁当を会社に持参。

夜 ⇒ 腹8分目で食べる。3食で1番多く食べる。揚げ物は多くて週1!

 

このようなバランス&時間で食べています。

 

朝は、10時頃にお腹が空きます。…我慢です。

昼は、一般的な女性用のお弁当サイズです。味噌汁やお茶で満腹にします。

夕方にはお腹が空きます…。

夜は、3食の中で一番多く食べますが、腹8分目を心がけています。

食後、すぐに家事を始めれるくらいの量です。満腹だと休憩しないと家事出来ないですよね…。

夕食は出来るだけ早く食べる

夕食は帰宅して、出来るだけ早く食べます。

大体いつも18時半~19時頃に食べています。

食べる時間も30分くらいです。

1時間とか長時間食べずにさっと食べ終わるようにしています。

 

遅い時間に食べると就寝時にも満腹でしんどいですし、

胃が消化活動で動き続けるため、体も休まりません。

間食はほぼしない!

1食あたりを少し少な目にしても間食をしていたら意味がありません!

間食は基本的にしていません。

ただ、低血糖の症状が出てきたときは話は別です。

…飴を舐めてしのいでいます。

 

⇩低血糖の紹介記事です。

それ『低血糖』が原因かも!?空腹時に手が震える、体がだるい、冷や汗、眠気…対処方法もご紹介
こんばんは!ポン助です。 皆さんこんな経験したことありませんか? お腹が空いてきたと思ったら、急に体がだるくなり、手が震えてきて、眠くもないのにあくびがたくさん出て、冷や汗が出てくる… 私はたまにこのような症状になることが...

 

どうしてもお腹が空くときは⇩この方法もおすすめです!

『飴ダイエット』痩せたければ飴を舐めるべし!簡単&続けやすい&満腹感も得られる
こんばんは!ポン助です。 今ダイエット中のあなた! 無理なく簡単にダイエットが出来れば一番いいですよね! 今日は、そんな方におすすめの『飴ダイエット』をご紹介します。 飴ダイエットの方法 飴ダイエットは2つの方...

 

夜にお菓子を食べるときは、夕食後すぐに食べています。

夕食後、時間をおいてお腹が空いてお菓子を食べていたら…太ります!

夜9時以降は食べない

夜9時以降はよっぽどのことがない限り何も食べません。

でも飲み物は飲みますよ!

 

上でも書きましたが、満腹で寝ると体も休まりません。

体のためにも、体重キープのためにも、夜9時以降は食べないように意識してください。

あまり我慢・頑張りすぎない

我慢しすぎるとストレスが溜まりドカ食いしてしまうことも…。

私が、我慢・頑張らないようにしていることを紹介します。

 

・特に運動しない(仕事中はなるべくエレベーター使ってます。階段は疲れるので…)

・生理前は食後のお菓子も食べる(どうしても食べたいときはあまり我慢しない)

・お肉の脂身も食べちゃう(好きなものは我慢しすぎない!)

最後に

『意識する』ことを忘れず、今回紹介したことを実践してみてください。

もちろん人によって合う方法、合わない方法があると思いますので

無理のない方法で試してみてください。

 

加齢とともに体形を気にしなくなる方も多いですが

自分のためでもあるので、より良い体形を保つように頑張りましょう!

最後までご覧いただき、ありがとうございました☆