レディーススーツにダウンコートを合わせるときのポイント

スポンサーリンク
雑記

ポン助です。

スーツの時のアウターと言えば…

トレンチコートですよね!!

 

…でも冬はトレンチコートでは寒すぎます。

しかも、普段トレンチコート着ないっていう方も多いのではないでしょうか?

 

そんな時にダウンコートをおすすめしたいのですが

『スーツに合うダウンコート』と『合わないダウンコート』があります!

 

今回は、スーツにダウンコートを合わせるときのポイントをご紹介します。

 

スポンサーリンク

お堅い場所に行くときは…

スーツのアウターとして無難なのは

トレンチコートです。

 

仕事で営業回りをする方、お堅い場所に行く方などは

トレンチコートを着用したほうが良い(無難)です。

 

普段からスーツを着るわけじゃない、通勤で着る方などは

以下の記事を参考にしていただければと思います。

 

細身でスタイリッシュなダウンコート

まず、マストなのは細身でスタイリッシュな形のダウンコートです。

 

ウエスト部分にベルトが付いているもの

ウエスト部分が少ししまっているようなものがおすすめです。

 

いくら防寒のためとはいっても、モコモコのダウンでは

せっかくのスーツが台無しです。

 

一般的に安めの金額で売ってあるものよりは

少し値が張る(1万円くらい)かと思いますが

いろんなシーンで活用できるので、

もし持っていない方は準備しても損はありません!

 

ファーはついてないほうが無難

ファーはスーツの時にはいらない!と個人的に思います。

 

・ファーの毛がスーツに付くことがある

・ダウン自体が安っぽく見えがち

・女子アピール

 

↑かなり個人的な考えも含まれていますが…。

でもこのように思う方も少なくないと思います。

 

丈は長め

スタイリッシュでウエスト部分が少ししまっているダウンコート

という時点で『丈が長め』と言っているようなものですが…

 

丈が長めなほうがスーツに合いやすいと思います。

実際に私の周りでスーツにダウンコートを合わせている方は

長い丈のダウンコートを着ている方ばかりです。

 

スーツは様々な年代の方が着る機会がありますが、

・スマート

・大人な印象

この2点は常に意識をした方が良いと思います。

 

色は暗め

ダウンコートの色で多いのは、

・黒

・グレー

・茶色 などです。

 

スーツの色にもよりますが

明るい色よりは暗めの色の方が様々なスーツに合わせやすいです。

 

最後に

・就活生

・普段は着ないけど社外に出る時だけ

という方はアウターにも悩みますよね!

 

様々な場所でスーツ×ダウンコートの方を見かけますし

私自身もダウンコートを合わせています。

 

ぜひ参考にしてください。

最後までご覧いただきありがとうございました☆

スポンサーリンク