【写真付きで紹介】切開?目薬?霰粒腫ができてから治るまでの経過

雑記

『霰粒腫(さんりゅうしゅ)』ってご存知ですか?

私はある日ふと、まぶたにしこりがあることに気が付きました。そしてそれが『霰粒腫』でした。

今回は『霰粒腫』の症状や私自身が経験した治療方法をご紹介します。病院によって診察に差があると思いますが、一例として参考に読んでいただければ幸いです。

スポンサーリンク

霰粒腫の症状(私の場合)

実際に私の霰粒腫の症状は以下の通りでした。

まずは発見から数か月間の症状を紹介します。

初期(発見~3か月)
☑触るとしこりがある
☑痛みなし
☑気付いたときには5ミリ程のしこり

痛みはないものの、触るとそこそこの大きさがあるので気になっていました。大きくなることもなく、そして治る気配も全くありませんでした。

そして発見から少し経った「中期」(←私が勝手に名前を付けているだけです)には、たまに痛みが出ることがありました。(指で触ると少し痛いという程度です)痛みがあるときは寝起きに少し目やにが多めというくらいで、赤くなるほどでもありませんでした。

中期(3か月~8か月)
☑痛みがあるときがある
☑数日で痛みは落ち着く
☑痛み意外には変化なし
☑しこりは大きさは変わらない

大きな変化もなく、さらに数か月が経過したのですが、これから紹介する「後期」で事態は大きく変わります。痛みの頻度が多くなり、最後にはうっすら赤く腫れてきました。そして膿が溜まっていたんです!

後期(8か月~10か月)
☑膿み始めるまでは痛みなし
☑目やにが少し出る
☑痛みが出始めて数日で白い膿が溜まる
☑膿が溜まるとまさに見た目は「ニキビ」
☑しこりの大きさは7mmほど
☑痛みがあるときは赤みもあり

後期を除くと、基本的には痛みはなく、ただしこりがあるというのが主な症状でした。

そして日に日にしこりが大きくなるということはなく、後期になるまでしこりの大きさはほとんど変わりませんでした。

眼科での治療方法

この霰粒腫で合計3回、眼科を受診しました。それぞれの治療方法等をご紹介します。

ガン?腫瘍?めいぼ?と心配だったので眼科を受診したのですが、眼科の先生は「あ~これね!」みたいな反応ばかりでした。

最初の病院受診(3か月頃)

コンタクトレンズ購入のために眼科を受診して、ついでに霰粒腫を見てもらったのですが、反応はあっさりでした。

あ~霰粒腫だね。脂肪の塊だよ。

何もしなくて良いよ。

そして何より驚いたのは、診察の時にまぶたをグリンと指でひっくり返すようにして霰粒腫を見ていたんです。(確かにそれくらいしないと見にくいのかも…と思いましたがビックリしました)

ということで、1回目の診察は「何もしなくて良い」とのことで、目薬も何ももらいませんでした。

半年経過後

半年ほど経過したときに、霰粒腫に少し痛みが出てきたときがありました。(この頃には左右の二重の幅に差がありました。霰粒腫がある瞼は5割増しくらいで膨らんでいました。)

悪化したら大変だ!すぐに眼科に行かないと!!

 

という具合で2回目の眼科受診をしました。(1回目とは違うところです)

先生は、霰粒腫を見るなり…

霰粒腫だね。切開を希望されますか?

え…?

でもまだ小さいし、切っても中が出てこないだろうな。

痛みがあるなら目薬を出しときます。

という流れであっさりと診察完了。

霰粒腫はひどくならないと、何も対処してくれないんだ!と気付いたので、しばらく放置しておこうと思ったんです。

8か月後

さらに数か月経過後に、いよいよ痛み&赤く腫れてきました。他人が見ても目が腫れているのが分かる程度です。

そして、さらに数日経過すると、まぶたにニキビのように白い膿が溜まっているんです。

これは病院に行かないと!絶対切開してもらえる。

そしたらこの腫れ&痛みも治る!!

と期待して眼科へ。看護師さんにも「切開になると思うからコンタクトレンズを外しておきましょう」と言われドキドキしながら診察へ。

あ~膿が溜まっているね。軟膏を出しとくから、塗っておいて。

あと飲み薬で抗生剤も出しておくね。

…終了。切開はしませんでした。

いよいよ霰粒腫が破裂

3回目の受診の夜、まぶた近くに違和感を感じてすぐに鏡を確認!すると、霰粒腫が破裂して中の膿が出ていました。思った以上に膿が出てくる出てくる…。

一通り、中の膿が出てから処方してもらった軟膏を塗りましたが…後の祭り状態でした。

ただ、まぶたを指で触ってみるとまだ、しこりが残っていました。

そして2~3日後に、第二弾のプチ破裂で、また膿が出てきました。

その後も何度か膿が少し出てきて、最初の破裂から2週間ほどでしこりもきれいになくなりました。

現在は、破裂から1か月ほど経過しましたが、しこりはなく、傷痕も全くわかりません。

最後に

霰粒腫がまぶたの内側に出来ている場合は、切開等が必要な場合もありますが、私のようにまぶたの外側にできた霰粒腫は眼科でも放置でした。

肌に出来るニキビ・吹き出物と同じようなイメージです。破裂して、治るのを待つ感じです。

もちろん、他に心配な症状があれば眼科を受診したほうが良いですが、外側に霰粒腫ができていて、膿が溜まってくるようなら自然に破裂するのを待てば、眼科を受診する必要はなかったな…と感じています。※ただ1度は診察してもらい本当に「霰粒腫」なのかは確認してもらったほうが安心です。

私の経験談も事例の1つとして参考にしていただければ幸いです。

最後までご覧いただきありがとうございました☆

タイトルとURLをコピーしました