人のクセが気になる・イライラするときの対処方法

雑記

職場などでいつも特定の人の癖が気になる…という事ありませんか?

咳払いや、鼻をすする音などが気になって仕方ないという経験はきっと多くの方があると思います。

今回は、人のクセが気になる・イライラしてしまうという時の対処方法をご紹介します。

注意する点も併せてご紹介します。ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

人のクセが気になる!

人のクセはたくさんあります。中には、ご本人も気付いていないクセがあるかもしれません。

他人が気になるクセとして主なものをご紹介します。

☑咳払い
☑鼻をすする音
☑足音がうるさい
☑キーボードを叩く音
☑貧乏ゆすり
☑独り言
☑ペンをカチカチ鳴らす
☑物音が大きい

他の人と比べて音が大きいクセなどはどうしても耳についてしまいます。

また、もしご自身が該当するようなクセをしてしまっているなら少しずつ直すように気を付けてください。もしかすると、他の人が気になっている可能性があります。

知人・職場などの場合

職場や知人などのクセが気になる、もしくはそれを超えてイライラするという時の対処方法をご紹介します。

いくつかご紹介しますので、ぜひ試してみて下さい!

距離を取る

手っ取り早いのは、クセが気になる人と距離を取ることです。

物理的に距離を取れば、自然とクセも気にならなくなります。

ただ、同じ職場などはそれができない場合も多々あります。そのような場合は以下の方法を試してみて下さい。

イライラする理由を考える

イライラする根本的な原因を考えてみて下さい。

おそらく、クセが気になるのは特定の人だと思います。その人のクセが気になるのは、きっとあなたがその人の事を良く思っていないからです。

「クセが気になるから、その人の事を良く思わなくなった」「その人の事を良く思わないからクセが気になり始めた」など理由は違うかもしれませんが、現在もクセが気になるのであれば、その人を良く思っていない場合がほとんどです。

なぜその人を良く思わないのか?その原因を考えて、可能であればその解決方法を考えてみて下さい。

ただ、根本的に合わない場合も多いので、その場合は物理的・心理的に距離を保つようにするしか方法はありません。

気にしない

人のクセを気にしていると、イライラしたり良いことはありません。

できるだけ気にしないようにした方が無難です。悪口を言ったり、文句を言うとこじれてしまうこともあり得るので要注意です。

合わない人にイライラしても無駄な労力です。放っておきましょう!!

みんな一緒だと思う

特定の人のクセが気になる時、周りの人も同じように思っていることがほとんどです。

「自分だけじゃない」と思うと、なぜか気持ちが楽になります。

みんな同じように思っているんだと思い、できるだけ気にしないようにしてみて下さい。

飴を渡す

鼻をすする、咳払いをする人には、飴を渡してみるのも1つです。

クセがある人は、自分のクセに気付いていない場合がほとんどです。それを気付かせる方法です。

風邪ですか?良かったら飴どうぞ!

と飴を渡してあげると、勘のいいひとなら自分のクセに気付いてくれるかもしれません。

 

ただ、この方法をする場合はあまり目上の人にはしないほうが無難です。上司にこの方法をすると「うるさいってか!!」と怒られる可能性が無いわけでもありません。

本当に我慢できない!という時に最終手段として試してみて下さい。

家族の場合

ご夫婦やご家族で、クセが気になることもあります。

特に、配偶者は一緒に過ごす時間も多いため、気になるクセも出てきます。その時は以下の方法を試してみて下さい。

子供に言わせる

直接注意すると角が立つので、子供に言わせるのも方法の1つです。

パパ、○○しないほうがかっこいいな!

などと、気分を悪くさせないように言うと効果も抜群です。

 

パパ、うるさい!

と直接的な言い方をするのはできれば避けたほうが良いです。

 

イライラしている原因を探す

クセが気になってイライラしているときは、原因を探してみて下さい。

配偶者と上手くいっていなかったり、自分自身が仕事で疲労が溜まっているなど、原因があるかもしれません。

もし他に原因があるなら、その原因に対して解決するのがベストです。

注意する点

クセが気になる!イライラする!と思っても直接注意をするのはできるだけ避けてください。特に職場などは細心の注意を払ってください。

我慢できないほどであれば、上司に相談してみて下さい。まともな上司であれば何かしら対応をしてくれると思います。

直接注意をすると、いじめているなどと勘違いをされる可能性もあります。

最後に

いかがでしたか?

人のクセが気になるときは、「気にしない」「距離を取る」そして、それでも無理なら「周りに相談」という風に段階を踏んだほうがおすすめです。

感情で動くとこじれることがあるので、本当に注意してくださいね。

最後までご覧いただきありがとうございました☆

タイトルとURLをコピーしました