パンプスの履き替え・買い替え時期は?メンテナンス&傷の直し方

雑記

パンプスをお仕事などで毎日使うという方は多いと思います。ただ、毎日使っていると買い替えのタイミングがわかりにくかったり、傷もつきやすいなどスニーカーに比べてトラブルも多いのも事実です。

ちなみに私は仕事でパンプスを毎日履いています。だからこそ気になる履き替え時期やメンテナンス方法などについて今回は紹介していきます。

簡単にパンプスを長持ちさせる方法についても紹介しますのでぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

何か月で履き替えるの?

毎日パンプスを履いていると、歩く程度によって差はありますが、やはり痛んできます。履き替える時期については個人差があるようです。

ちなみに私はワンシーズン+アルファー(3~5か月程度)くらいです。同じ職場の人を見ていても、1年近く履いている方もあれば、私のように比較的短期間で買い替えている方もいます。

履き替える差については以下の3点が大きく影響していると思います。

・履く頻度・歩く距離
・靴の値段
・どれだけ丁寧に使っているか

『履く頻度・歩く距離』について

最も差が出るのはやはり『履く頻度・歩く距離』だと思います。

例えば1足を毎日ずっと履いていると靴自体の消耗も激しくなります。靴を1日履くと、翌日になっても靴の中に湿気が残った状態になります。そのまま翌日も靴を履くと靴が傷んでしまいます。また臭いの原因にもなります。

来客時以外は職場としてスニーカーでもいいのなら、そのほうが動きやすく、靴も長持ちするのでお勧めです。

また外回りが多い方などは歩く距離も時間も長いので消耗が激しくなってしまいます。

『靴の値段』について

靴の値段が高ければその分、長持ちするというものではありません。ただ、本皮なのか合皮なのかによってある程度差が出てくるような気がします。

合皮はメンテナンスをすることで寿命を延ばすことができますが、合皮の場合は表面がはがれてきてしまうと傷を目立たせなくするくらいしか手の施しようがありません…。

『どれだけ丁寧に使っているか』について

よくしゃがむ、走る、物をぶつける、物にひっかける…当たり前ですが、普通に歩くだけで使用しているより消耗は激しくなります。

ただ、しゃがむ、走るは業務上、どうしようもないことが多いです。でも、物をぶつける、物にひっかけるは意識することで防ぐことができます。

ちなみに私は、よく椅子の脚部分のロールに巻き込んでしまいます。

私のように「いつも○○しちゃう」という方は予防策を考えて実践するだけでも靴の寿命が延びると思います。

ちなみに私は、デスクワークの時は靴を脱いで仕事をしています。靴の蒸れ防止にもなりますし、足も楽なのでおすすめです!ただ下品にも見られてしまうので人目があるときは要注意です。

スポンサーリンク

長く履くためにした方が良いこと

せっかくならパンプスも長く使いたいですよね。簡単にできる方法をいくつか紹介しますので、ぜひお試しください!

何足か持っておいてローテンション

上記でも書いたように、同じ靴を毎日履いていると、前日の靴の中の湿気が抜けていません。何足か持っておいてローテンションで使うほうが靴が長持ちします。

これが一番簡単で効果抜群な方法だと思います!

新品時に防水スプレー

新品の状態で防水スプレーをかけておくと、雨をはじいてくれますし、汚れが付いたとしても落としやすくなります。

革靴の場合は特におすすめします。

もちろん、使っていると効果も落ちてくるので定期的に防水スプレーをかけたほうが良いです。

汚れはその日のうちに!

1日履くと当たり前ですが、多少汚れます。ましてや雨の日なんか特に!

汚れたときはその時、せめてその日のうちにキレイに取っておきましょう。これだけでキレイに長く使えます。

傷を目立たなくする方法

ここからは余談程度で読んでいただければと思います。

傷が目立ってくると普通は履き替えるのですが、『今日、来客があるのに表面が剥げちゃった!』『休みの日に買いに行けなくて、まだもう少しこのパンプスを履かないといけない』などの救済処置として、傷を目立たなくする方法をご紹介します。

・油性マーカーで塗る
・マニキュアを塗る
・クレヨンを塗る

ただし、きちんと傷を直すなら靴用の染料やクリームをご使用くださいね!

最後に

今回は、私が個人的に気になっていたことについて書いてみました!所々、私のズボラさが出ていますが…ご了承ください(笑)

1つでも参考になるものがあれば嬉しいです。

最後までご覧いただき、ありがとうございました☆

タイトルとURLをコピーしました