『寝るときの手袋』は逆効果!?正しい手荒れ対策をご紹介

雑記

ポン助です。

毎年冬になると気になる方が多い「手荒れ」ですが、皆さんはどのようにお手入れしていますか?

 

今回は手荒れの正しいお手入れ方法をご紹介します!

 

スポンサーリンク

冬になると避けては通れない「手荒れ」

冬になると空気が乾燥していて、乾燥が気になりますよね。

 

食器洗いもお湯を使うことで手荒れが一気に加速してしまいます。

 

毎日家事を頑張っているお母さんは特に悩みの種ですね。

 

手荒れの対策方法もたくさん紹介されていますが、一体どれがいいのか…よくわからないって方も多いと思います。

 

手袋をして寝るのは良い?悪い?

手荒れ対策の方法の一つに「手袋をして寝る」というものがあります。

 

ハンドクリームを塗ってから手袋をして、そのまま就寝するというものです。

寝ている間に手荒れ対策が出来るなら、楽でいいですよね。

 

しかーーーし!!

実はこの方法は手荒れには良くないんです!!

 

ハンドクリームを塗った後、手袋をしてしまうと長時間ハンドクリームが手についた状態になります。

 

これが問題なんです!!

 

ずっとハンドクリームが手についていると、手が「ふやけた」状態になります。

 

すると外からの刺激を受けやすくなり、本来のバリア機能が正常に機能しません。

 

その結果、逆に手が荒れる原因になりかねません。

 

一見、ハンドクリームを塗って手袋をして寝るのは良い方法そうですが

実は手荒れにとって良くない方法なんです。

 

正しいお手入れ方法

手荒れの正しいお手入れ方法は「ハンドクリームをこまめに塗ること」です!

 

その他に、食器洗いなど水仕事をするときはゴム手袋を着用すること!

 

また、手の水分が不足しているため、化粧水などを手になじませてそれからハンドクリームで膜をするようにつけるのもおすすめです!

 

個人的には、高級なハンドクリームをたまに塗るよりも安価なハンドクリームをこまめに塗るほうがいいと思います。

最後に

冬は長く、手荒れに頭を悩ます期間も多いですが、手はいろんな人に見られることも多いですよね。

 

正しい方法で手荒れ対策を行うように気を付けてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました☆

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました