兄弟ケンカの原因と対処方法

スポンサーリンク
育児

ポン助です。

兄弟ケンカ…お子さんが2人以上いらっしゃる方は、しょっちゅうですよね?

 

うちは下の子が2歳になって自分の意思が出てきてから、一気に多くなりました。

うちの場合は、下の子に力が付いてきたので、やり返すようになり、上の子が泣かされる事が多くなってきました…。

 

今回は、兄弟喧嘩の原因や対処法などをご紹介します!

 

※小さいお子さんをイメージして記事を作成しましたので、考慮してお読みいただければ幸いです※

スポンサーリンク

兄弟喧嘩の原因

「喧嘩するほど仲がいい」とはよく聞きます。

ただ、あまりにも毎日、兄弟喧嘩をしていたり、あまりにも激しいときは、そうも言っていられなくなります。

 

なぜ、兄弟喧嘩をするのか?

原因をあげてみました!

 

自分のテリトリーを守るため

オモチャや食べ物など、自分のものを取られたりなど、

自分のテリトリーがおかされそうになると、守るために喧嘩になることがあります。

 

兄弟の年が近い

兄弟って、子供に最も身近な存在です。

身近な存在だからこそ、喧嘩も多くなります。

 

また、年齢が近いほど多いと聞きます。逆に兄弟で年が離れていると喧嘩は少ないという話はよく聞きますよね。

 

下の子のイヤイヤ期

イヤイヤ期の頃は、親に対してわがままになるのはもちろん、兄弟に突っかかる事が多くなります。

うちでもそうですが、下の子がイヤイヤ期に突入すると喧嘩が多くなると思います。

 

親の愛情を独り占めしたい

兄弟がいると、「親はなるべく平等に・・・」と意識することが多いと思います。

でも、子供はいつでも特別扱いして欲しいのです。

その気持ちが強く、親の愛情を独占したくて、喧嘩になることもあります。

 

仲が悪い

いつも兄弟の事をけなしたり、バカにしているなど、

仲が悪いことが原因の事もあります。

これにも対処法はありますので、後ほどご紹介します。

 

情緒不安定

・いつもはあまり喧嘩をしないのに喧嘩をしている

・いつもより喧嘩が長い

・やたらと突っかかる等々…

これらは情緒不安定な状態が原因になっている場合があります。

 

いつもと違うなぁと思う時は、何かあって気持ちが不安定になっているのかもしれません。

 

もちろん、各家庭、それぞれの子によって原因は様々だと思いますが、思い付いた原因を書き出してみました。

 

親の対処方法

「自分のテリトリーを守るため」&「兄弟の年が近い」&「下の子のイヤイヤ期」

これに関しては正直、喧嘩をすること自体は仕方ないと思います。

 

成長の過程で、これらが原因のケンカをすること自体、自然で当たり前のことです。

ただ、下記に喧嘩後の対処方法を書いていますので、その内容を参考にしていただければと思います。

 

「親の愛情を独り占めしたい」の対処方法

これは、1人1人の子を特別扱いしてあげてください。

例えば、下の子がいないときに、上の子にいつも以上に愛情を注いであげる、内緒と言って特別におやつをあげるなどです。子供それぞれ特別扱いしてほしいのです。

出来る範囲で、1人の時に愛情を注いで、「大好きだよ」と伝えてあげてください。

 

「仲が悪い」の対処方法

これは、そもそも子供同士がお互いを尊重していないことが原因だと思います。

 

例えば、下の子が1人の時に「お兄ちゃんは○○のこと大好きなんだよ」「とっても優しいんだよ」など良いところを伝えてあげてください。上の子に対しても同様です。

 

また、親自身も、兄弟の前で「お兄ちゃんはいっつも○○が出来てない」等、けなすようなことはしないでください。

お互いを尊重し、仲の良い兄弟を目指して少しずつ実践してみてください。

 

「情緒不安定」の対処方法

この場合は、保育園、学校などで何かあったのか等、話を聞けそうならゆっくり話を聞いてあげてください。

また様子をみてあげてください。

 

「いつもと違う」ことがあれば、少し注意してあげてくださいね。

 

喧嘩後の対処方法

喧嘩をしてしまった後の対処もとても大切です。

 

まず、喧嘩をしたからといって、すぐに止めないでください。

ただし、危険が伴う場合は、すぐに仲裁に入るようにしてください。

 

そして、喧嘩の時のルールを決めておきましょう。

例えば「髪を引っ張らない」、「つねったり、爪でかぐらない」、「髪を引っ張らない」、「悪口を言ったり、けなさない」などです。

 

決めたルールを破った時は、きちんと親が怒ってください。

 

最後に

今回は、兄弟喧嘩の対処方法をご紹介しました。

毎日喧嘩が激しくて、対処方法に悩んでいるママ・パパもいらっしゃるかと思います。

ぜひ、ご紹介した内容を試してみてください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました☆

スポンサーリンク