キッチンのエンボス加工を3年使って分かったメリット&デメリット

家づくり

キッチン選びの中でも『シンク選び』は特に注力して選びたいという方も多いと思います。我が家ももちろん同じです。

我が家は新築を建てるときに何社か見たうえでTOTOのキッチンを選びました。その時にエンボス加工のステンレスシンクを選びました!

「汚れが付きにくい」ということでエンボス加工のシンクを即決したのですが実際に3年弱使ってみた感想をご紹介します!!

こんな方におすすめ!
・これから家を建てる、リフォームする
・ステンレス、人工大理石で迷っている
・シンクはのエンボス加工って何が良いの?
・デメリットを知りたい
スポンサーリンク

エンボス加工のメリット

使ってみて分かったメリットを紹介します。

ちなみに個人的にはメリットの方が大きいと思っています!

傷がつきにくい(目立ちにくい)

これが1番のメリットです!!

以前はアパートでステンレス(エンボス加工なし)のシンクを数年使っていました。この時に、シンクの傷がとっても気になっていたんです!

普通のシンクは大きめの傷が入るとそれが目立って仕方ありませんでした…。それに比べて、現在の我が家のエンボス加工シンクは傷がつきにくいです!!

傷が目立たないので見た目がきれいに保てています。

汚れが付きにくい

普通のシンクに比べると『汚れが付きにくい』のも大きなメリットです。

エンボス加工がないシンクの時は、シンクの掃除が、スポンジだけではなかなかキレイにならないので研磨スポンジなんかも使いながらシンクの掃除をしていたのですが…掃除直後は確かにピカピカになります。

でも研磨スポンジは表面に細かい傷が入るので汚れが付きやすく、毎日掃除をしなければいけませんでした…。水垢なんかも目立ちやすいです。

今の我が家のエンボス加工シンクは、以前使っていた普通のシンクと比べて明らかに汚れ方は違います。

また人工大理石と違い、シミになったり着色することはないのでステンレスはやっぱり手入れが楽チンです!

ちょっと高級感がある

普通のシンクよりも絶対に高級感はあります( *´艸`)キッチンは毎日使う場所なので機能だけでなく、見た目もとっても重要です。

個人的に人工大理石はデメリットが多い気がする&未知だったので、ステンレスのキッチンにほぼ決めていたのですが、いざショールームで見てみるとエンボス加工のシンクは高級感があり、かっこいい!と思いました。

個人的には、見た目も最初からずっと気に入っています!

熱湯をかけても音がしない

以前住んでいたアパートは、エンボス加工のないシンプルなステンレスのシンクでした。熱湯を流すとシンクが薄いのか…ボコッボコッと大きな音がしていました。

シンクが熱膨張で変形して音がなるようですが、今のシンクは熱湯を流してもボコッボコッと音がしません。きっとステンレス自体も厚いんだと思います。

本来は熱湯をシンクに流すと良くない(配管の耐熱温度が80度程度のため)ようなので気を付けてくださいね!

食器が割れにくい

これは人工大理石のシンクと比較した場合ですが、コップなどをシンクに落としてもステンレスのシンクは割れにくいと思います。人工大理石のシンクは固く、数センチの高さから落としただけで割れるという話を聞いたことがあります。

我が家のシンクでも今のところ「うっかり食器を落として割れちゃった」という経験はありません。

エンボス加工のデメリット

ただ、実際に使ってみて分かったデメリットもいくつかあります。

私が気になるデメリットをご紹介します。

汚れが付いたときは落としにくい

「汚れが付きにくい」というメリットを紹介したのですが汚れが付かないわけではありません!!洗い物をためたままにしておくと汚れはついてしまいます…。

汚れが付いたときは…表面がデコボコしているので汚れが取りにくいんです!!

これはちょっと苦労します…。

あまりキレイな写真ではないので申し訳ないのですが…このようにデコボコ部分に汚れが付きやすいように思います。

キッチンハイターを使ってしまえば簡単にきれいになるんですけどね!

デコボコしている分、少し磨きにくい…というか磨いても少し落ちにくいです。

どうしても少し力を入れて磨きがちなのでシンク用のスポンジなどを常備しておくと傷がつきにくく安心です。

数万円アップ

エンボス加工のシンクはオプションなので普通のシンクより数万円アップしました。

キッチンも様々なオプションがあるので、どこにお金をかけるかという問題もありますよね。

即決ではありましたが、「意外と高いんだな…( ゚Д゚)」と思ったのを覚えています。

スポンサーリンク

エンボス加工のシンクは必要か?

私は、エンボス加工のシンクにしてよかったと思います。

…というか「普通のシンクにすればよかった」と思ったことは一瞬もありませんでした。上記でも紹介したメリットの中でも傷がつきにくいというのが一番のメリットです。

普段生活をしていると気を付けていても、シンクに勢いよく食器を置いてしまったり、食器洗いの時に食器が崩れてシンクに当たったり、お客さんが来てシンクにガンガン食器を置いたり…予想外のことも起きます。そんな時にエンボス加工のキッチンで良かった!と思います。

新築の間は気をつけますが、何年も暮らしていたら気を付けていられません。楽に使えるものの方が長い目で見ても使いやすいように思います。

可能であればシンク用にクロスを準備しておくと、いつでもキレイに保つことができるのでお勧めです。

最後に

「エンボス加工のシンクは汚れが付いたときに取りにくい」というのは実際に使ってみて初めてわかったデメリットでした。

スポンジだけで汚れを取ろうとするとなかなか大変です…。

でも研磨スポンジは表面を削りながら汚れを落とすので、傷がついてしまいます。私は新築では、一切使っていません!

「エンボス加工のシンク」についてはキッチン選びの際にぜひ参考にしてみてください。

これから家を建てるという人はぜひいろんな工務店を見てから決めてください!ちなみに我が屋は13社を回って決めました。一括で無料資料請求できる『自然派リフォーム工務店紹介サイト』がありましたのでよかったら覗いてみて下さい!

\施工実例や動画コンテンツも見れる/
一括資料請求はこちら

最後までご覧いただきありがとうございました☆

TOTOフットスイッチを設置してみて分かった!メリットとデメリットを紹介
昇降式ホスクリーン(川口技研)が想像以上に優秀!我が家の口コミ&メリットを紹介
【洗濯物の片付けが楽に】『買い物かご』の意外な使い方!
タイトルとURLをコピーしました