【簡単】証明写真を40円で作る方法!スマホとコンビニだけでOK

雑記

証明写真は、専用の証明写真機で撮影して作るときれいにできるし、いろんな場所に設置してあるので手軽に作ることはできます。

しかし「1枚だけ欲しい」「簡易的なもので良いのに…」という時には正直、痛い出費ですよね…。

今回は、コンビニで激安で作れる証明写真についてご紹介します。

コンビニでたまたま見つけた方法ですが、本当に安く証明写真が作れるのでおすすめです。ぜひお試しください。

スポンサーリンク

40円で証明写真を作る方法

証明写真機で証明写真を作成すると700円ほどかかるのに、本当に40円で証明写真が作れるの?と疑問に思いますよね!

本当にできるんです。アプリを使えば、さらに簡単にできるのでぜひ以下の方法でお試しください。

➀スマホで顔写真を撮影
②「証明写真アプリ」で加工、Lサイズに合わせて作成
③コンビニのマルチプリント機でプリントアウト

スマホで顔写真を撮影

まずはスマホで顔写真を撮影してください。

背景が白色で、無地の場所で撮影したほうが、出来上がりがきれいになります。

また、可能であれば前面からある程度、照明を照らして撮影をしてみて下さい。アプリで加工するよりも自然で、肌がきれいに撮れます。

アプリで加工・作成

おすすめのアプリは「証明写真アプリ」です。

希望のサイズで作成可能なだけでなく、シミ・そばかすなどを加工で消すこともできます。

レビューもたくさんあり、評価も良いアプリなのでぜひ使ってみて下さい。

コンビニでプリントアウト

あとは、コンビニでマルチプリント機を使って写真のプリントアウトをするだけです。

コンビニによって値段の差がある可能性がありますが、私が行ったセブンイレブンでは40円でLサイズの写真用紙にプリントアウトできました。(赤線で囲んである「写真プリント」よりプリントアウト)

アプリを使わない方法

アプリを使わずに証明写真を作ることも可能です。

スマホで撮影して写真を、必要なサイズの証明写真になるように、拡大・縮小してプリントアウトをする方法です。

ただこの方法だと、以下のようなデメリットがあります。

・1枚のみしか作れない
・予想サイズと差異が出る可能性あり

1枚の写真を拡大・縮小して作るので、1枚分の証明写真しか作れません。また、コンビニのプリンターで印刷イメージが液晶に出てきますが、実寸大ではないので、実際にプリントアウトしてみると大きすぎた・小さすぎた等の失敗が起こり得ます。

この方法を行う場合は、「希望サイズで写っているLサイズの写真」を持参して、比較しながら行ってください。そうすると失敗が少なくなります。※セブンイレブンの場合は、液晶に出てきた印刷イメージは実寸サイズより1回り小さかったので、写真も1回り小さく設定したら上手くできました。

おすすめはアプリと使う方法です。何かしらの理由でアプリがダウンロードできない場合は、この方法をお試しください。

注意点

「この方法で作った証明写真」と「照明写真機で作った証明写真」を比較すると…証明写真機で作った証明写真の方が断然キレイでした。

この方法で証明写真を作る場合は、比較的重要ではない書類に使ったほうがおすすめです。

就職活動など写真が重要になる場合は、スタジオ撮影や証明写真機で証明写真を作ったほうが良いと思います。

最後に

今回は、40円で作れる証明写真についてご紹介しました。

簡易的な方法ではありますが、十分使える証明写真ができるのでぜひお試しください。

最後までご覧いただきありがとうございました☆

タイトルとURLをコピーしました