手帳を買う時にチェックしておきたい事7つ

スポンサーリンク
雑記

ポン助です。

これから手帳を購入する予定のあなた!

手帳は1年使うものなので、慎重に選びたいものですよね。

手帳を選ぶときにぜひチェックしていただきたいものをご紹介します。

スポンサーリンク

手帳のサイズ

まず、手帳を選ぶうえで最初に決めるのはサイズです。

 

〈一般的なサイズ〉

  • 手帳判  縦長サイズ  80×140mm   ⇒胸ポケットに入るので男性に人気
  • A6判  文庫本サイズ 148×105mm  ⇒持ち運びに便利なやや小さめサイズ
  • B6判  単行本サイズ 182×128mm  ⇒持ち運び・記入がしやすいサイズで人気
  • A5判  教科書サイズ 210×148mm  ⇒A4の半分サイズで、しっかり記入が出来る
  • B5判  ノートサイズ 257×182mm  ⇒たくさん書き込みたい人向け

 

持ち運ぶ場合はカバンの大きさに合ったものが必要です。

また、どの程度書き込むのかによってもサイズが大きく変わってきます。

 

ちなみに私はB6サイズを毎年使っています。

インデックス

もともと手帳に月別のインデックスが付いているものを購入すると、とっても便利ですよ!

 

手帳にインデックスがついてなければ、別売りのものを付ける事は出来ます。

ただ…手帳のカバーからはみ出してしまうので、インデックスが折れてしまいます。

 

もしインデックスがなければ、しおり紐があるものを購入すると便利です。

しおり紐

しおり紐があると、見たいページをすぐに開くことができます。

インデックスは月別だけのものがほとんどですが、

手帳のメモ欄なんかも使う方は、しおり紐が必須です。

 

もし、しおり紐がなければ市販でしおり紐が売ってありますので

それを使えば問題ないと思います。

 

しおり紐は1本より2本(色違い)のものの方が使い勝手がいいです。

日曜日始まり・月曜始まり

手帳の使う用途によって違ってきます。

個人的には平日勤務の仕事なので

月曜日始まりの手帳が使いやすいかな~と思います。

 

ただ、手帳をほぼ仕事でしか使わない&平日勤務の方は

日曜日始まりの手帳で、日曜日の欄を月曜日のメモ欄のように使うという手もあります。

私はTO DOリストのように使ってますよ!

何月始まりか

10月始まり・1月始まりと大きく2つに分かれています。

どっちが使いやすいか???

個人的には1月が使いやすいかと思います。

見返したときも年ごとに見返せるので便利です。

 

10月始まりの手帳は

・大学生(後期授業が10月スタートのため)

・海外で使う方(海外では10月が新学期スタートのため)

このような方におすすめです。

 

他には、手帳を早めに変えて、気分転換することもできます!

リング式手帳・普通の手帳

手帳をどのように使うかによってリング式か一般的なものかを選びます。

もしデスクの上に広げっぱなしにすることが多いなら

リング式の手帳が使いやすいです。

 

また、リング式はパタンと手帳が開くので記入がとてもしやすいです!

 

ただ…リング式はかさばったり、種類が少ないので

私はいつも一般出来な手帳を使っています。

色・柄

プライベートで使うなら、色や柄は何でもいいと思います。

ご自身の気に入ったものを購入したほうが絶対に良いです。

 

ただ、仕事で使う&人前で使うことが多い場合は無難な色がオススメです。

柄もキャラクターなどがないもので、できれば無地が良いと思います。

 

最も無難なのは黒です!!

男性でも女性でも、無難に使えて困りません。

実際に会社では、黒の手帳を使っている方が圧倒的に多いです。

 

☟私が購入した手帳はこちらです!

 

最後に

手帳は値段もピンキリです。

ただ、高ければいいというものでもありません。

自分が使うイメージをしながら選んでくださいね!

最後までご覧いただきありがとうございました☆

スポンサーリンク