いつもリビングで寝てしまう…そんなあなたにおすすめの方法

スポンサーリンク
雑記

ポン助です。

いつもリビングで寝てしまうというあなた!!

もうリビングで寝ない!と思うのにまた、リビングでうとうと…(-_-)zzz

そんな方にぜひ試していただきたい方法をご紹介します。

スポンサーリンク

寝る前の準備を済ませておく

眠くなった時に、「まだ歯磨きしないと…」「食器洗いしないと…」と

する事が残っていると、そのまま寝るわけにもいかず

リビングで寝てしまう原因になりがちです。

 

出来るだけ早いうちに、寝るまでに済ますべき事を終わらせてください。

すると、眠くなった時に、そのままベッドに直行できるので

リビングで寝てしまうことは減るはずです。

横にはならない

眠くなった時に、睡魔に負けて横になってしまうと

ほぼ100%寝てしまいます!!

 

5分だけという甘い気持ちが後々の後悔になってしまうので

眠くなっても横にはならず、逆に客観的に見て

「やばい!ベッドで寝よう!!」と寝る準備を始めてください。

ソファーに座るより椅子に座る

ソファーに座っていて眠くなると…なかなかの高確率で寝てしまいます。

ソファーはもたれる⇒眠くなったら横になれるので、眠くなりやすいのだと思います。

 

まだ起きてすべきことがあるのなら、

ソファーではなくダイニングテーブルの椅子などに座ってください。

 

椅子だと意外と眠くなりませんよ!

自分で眠たいのを意識する

これが出来れば…と思う方もいるかと思いますが、

眠くなった時こそ、自分で意識をすることが重要です。

 

眠くなった時こそ、一度冷静になって

寝てしまった先の事を考えてみてください。

夜中目が覚めて、そこからベッドに移動して寝ても翌日寝不足になってしまいます!!

固い意志を持つ

最後は気力です!

とにかく寝ない!!と固い意志を持ってください。

上記でも書きましたが、リビングで寝て良いことなんかなんもないですからね!

 

・夜中に目が覚める

・電気代がかかる(電気、エアコン、TV等)

・寝不足になる

・気分が悪い

 

ただ意志だけでは、意志が負けてしまうこともあり得るので、

周りの環境を整える事もとても重要だと思います。

最後に

今回は、よくリビングで寝てしまう自分に言い聞かす意味も含めて

リビングで寝てしまわない方法をいくつかご紹介しました。

良かったら試してみてください(・ω・)ノ

最後までご覧いただきありがとうございました☆

スポンサーリンク