【経験談】お風呂に鏡はいらない?鏡があるメリット&デメリット

家づくり

ポン助です。ご覧いただきありがとうございます。

今回は、『お風呂に鏡は必要なのか?』についてまとめてみました。鏡があって便利だった事をいくつか紹介します。

これから家を建てようと思っている方、リフォームを考えている方にぜひ読んでいただきたいと思います。

経験談をもとに書いたので良かったら最後までご覧ください。

スポンサーリンク

お風呂に鏡は必要?

今までお風呂には鏡があって当たり前だと思っていました。今まで実家やアパートなどでも鏡があったからです。そして家を建てる時にお風呂選びで、鏡をつけるのか?サイズは?など考える機会があり、その時は特に考えずに長方形の全身が映る大きい鏡を取り付けました。

実際に家を建てて3年間過ぎたころ、お風呂に入りながら、ふと思ったんです。

この鏡は必要だったのか?毎日は使ってないような気がする…。

そこで鏡があるメリット&デメリットをよくよく考えてみました。

家を建てる時に後々、後悔してほしくないので、ぜひ参考にしていただけると幸いです。

メリット

まずはお風呂に鏡があって良かったことを紹介します。

毎日使う事、たまに使う事、あると便利な事など様々紹介していきます。

自分が使う以外にも意外な使用方法もありました!

メイク落とし・ひげ剃り

私の場合は、毎日メイク落としの時にきちんとメイクが落ちているか確認をしています。そして主人の場合は、1週間に1回ほど髭剃りをするときに鏡を使っています。

この時に鏡がなかったら…不便です。

お風呂でメイク落としや髭剃りをするという方は鏡を取り付けたほうが良いと思います。

スタイル維持

毎日お風呂に入った時に、正面に全身鏡があると…自然と自分の体形が目に映ります。

体形を気にしている人やダイエット中の人にとってはとても重要な役割を果たします!

自分の裸を鏡で見るのはお風呂くらいしかないですしね!

子供とのコミュニケーション

子供と一緒にお風呂に入った時にシャンプーで髪をいろんな形に変形して遊んだりします。この時に子供が鏡を見て楽しんだりしています。

また、子供が未就学児などの場合は自分でシャンプーの練習をするときに鏡をみたりもします。

大人だけではなく、子供も意外と使うことがあります。

ヘアカラー

ヘアカラーや白髪染めをセルフでする時ってどこでしますか?我が家はいつもお風呂で染めています。

壁などに液剤が着くと大変なのでお風呂でヘアカラーをするという人も多いと思います。

液剤が髪の横や後ろにもきちんと塗れているか確認するときに鏡は必須です。自宅でセルフカラーをする人は鏡があったほうが良いと思います。

外出時の姿見

意外と使うのが、外出時の姿見です。休みの日に着替え終わったら、お風呂の鏡で全身をチェックしています。

私だけではなく、主人も同じように使っています。

お風呂の鏡を姿見として使用しているので、別に姿見を準備する必要がないので意外と便利ですよ!

スポンサーリンク

デメリット

次に、お風呂に鏡があることでデメリットになり得ることを紹介します。

あくまでも私の個人的な意見ではありますが、ぜひご自身の場合を想定して読んでいただければ幸いです。

掃除が面倒

一番のデメリットは『掃除』です。

我が家のお風呂の鏡は、金具で取り付けられています。そのため取り付け金具や鏡の側面、鏡と壁の間などが本当に掃除しにくいんです。毎日キレイに掃除をするのは…無理です。

掃除が苦手な人にとっては手間になってしまうと思います。

汚れが気になる

鏡なので当たり前ですが…水垢が気になります。

普段のお風呂掃除用のスポンジで洗うだけでは水垢は防ぎにくいため特別に対策が必要になってくると思います。

お風呂の鏡はお手入れ(掃除)が大変…。

最後に

いかがでしたか?今回はお風呂の鏡について改めて必要かどうか考えてまとめてみました。

今、新たにお風呂を一から選ぶとしたら…我が家は鏡を取り付けると思います!

考えてみると掃除の手間はありますが、無いと不便だなと気付きました。

もちろん、それぞれの生活スタイルによって不要という方もいらっしゃると思いますので、参考程度に読んでいただければと思います。

他にも家づくり関連の記事をたくさん書いていますのでよかったら『家づくり』カテゴリーから他の記事もご覧ください!

最後までご覧いただきありがとうございました☆

タイトルとURLをコピーしました