【子供にも必要】子供の化粧水は何歳から?何を使うの?

育児

大人にとってはごく当たり前に使っている「化粧水」ですが、子供はいつから使ったらいいのか?何を使ったらいいのか?と疑問に思うママも多いのではないでしょうか。

特に女の子となれば、できるだけ肌をきれいな状態に保ってあげたいと思う方も多いと思います。

今回は、私が子育ての経験をもとに子供のスキンケアについて感じたことや調べて分かったことなどを紹介します。

スポンサーリンク

子供に化粧水は必要?

そもそも子供には化粧水なんて必要ない!という意見もあるかもしれません。

しかし私は以下の理由から子供にも化粧水は必要だと考えています。

☑肌が薄くバリアが弱い
☑ほぼ毎日外で遊ぶため紫外線を浴びる
☑美容の意識を持たせる

まず、子供は大人と比べて肌が薄く、バリアが弱いためきちんとしたスキンケアが重要となります。

そして、子供は保育園・小学校等でほぼ毎日外に出て遊びます。そのため大人よりも紫外線をよく浴びるため、日焼けをしやすく、肌トラブルにつながることも多くなります。

また、個人的にとても大切だと思っているのが、子供の時から美容の意識を持たせるということです。大人になってから「もっと正しい美容の知識を早く知っていれば…」と後悔する人は多いのではないでしょうか。

もちろん各ご家庭の状況などもあるとは思いますが、可能であればお子さんにも化粧水を使ってあげてください。

何歳から使うの?

何歳から使うのかという決まりがあるわけではありません。

しかし、個人的には化粧水を使うベストな時期は「小学生」だと思います。

☑小学生は登下校で毎日紫外線を浴びる
☑自分で化粧水を塗れる
☑口に手を入れない・誤飲の心配が少ない
☑こだわりが出始める時期

6歳未満の未就学児の場合は、自分で化粧水を塗ることが難しく、また誤飲や化粧水のついた手を舐めてしまうこともあり得ます。

それに比べて小学生になるとある程度、大人の話を理解できます。そして毎日の登下校で外に出るためスキンケアを意識させるという意味でも化粧水を使い始めるベストな時期だと感じます。

小学生未満には?

保育園・幼稚園に通っているような6歳未満のお子さんにも、化粧水や保湿剤はぜひ使ってあげてください。

我が子もそうですが、子供は本当に肌が乾燥しやすいです。

ただ、化粧水・保湿剤を使用するときはあくまでもパパ・ママがお子さんに塗ってあげてください。子供が自分で塗るのはまだまだ難しいと思います。

おすすめ商品は?

子供にもおすすめできる化粧水・保湿剤を紹介します。

化粧水を使う時は、化粧水→乳液の順序を必ず守ってください。乳液をしないとせっかくの化粧水や肌の水分がどんどん蒸発してしまい、逆効果になります。

もしそれが面倒であれば保湿剤を1本で使用するのもおすすめです。小学生の間は保湿剤のみ、中学生になったら化粧水、乳液を使うという風にしても良いのかなと思います。

小学生以上におすすめ

赤ちゃんから使える化粧水です。小学生の肌にも安心して使用できます。

赤ちゃんから使えるので安心して使用できますし、大容量で価格も抑えられているので毎日のケアに使いやすくおすすめです。

6歳未満におすすめ

子供の乾燥肌で皮膚科で処方された「ヒルドイド」の類似品が市販されているのでぜひ使ってみて下さい。ヒルドイドは子どもの乾燥肌が本当にみるみる良くなりました!

さらっと使えるミストタイプの保湿剤です。赤ちゃんから使える低刺激性の全身保湿水です。

最後に

今回は、子供の化粧水についてご紹介しました。

子供の時にしっかりケアをしておいた方が大人になってからの肌トラブルを防ぎやすくなります。

乾燥しやすい子供の肌だからこそパパ・ママがしっかりとケアをしてあげて欲しいと思います。

他にも育児関連記事をたくさん書いていますので良ければご覧ください。

最後までご覧いただきありがとうございました☆

タイトルとURLをコピーしました