子どもの虫刺され対策には『蚊帳』がおすすめ

スポンサーリンク
育児

こんばんは!ポン助です。

子どもが生まれて初めての夏に悩んだことがあります。

 

それは虫さされ対策!!

 

我が家では『蚊帳』を活用してみました。

そのメリット&デメリットをご紹介します。

スポンサーリンク

子どもの虫刺されに蚊帳がオススメの理由

子どもにとって蚊帳がオススメの理由をご紹介します。

 

虫刺されの薬を使いたくない赤ちゃんに!

虫刺されの薬は

特に赤ちゃんにはできれば使いたくないですよね。

また、蚊に刺されてしまったら

子供は掻きすぎて腫れすぎたり、ひどくなることも…。

最初から虫に刺されないというのが重要だと思います。

 

子どもがキャンプ気分で蚊帳に入るのが楽しいらしい!

蚊帳に入るときに、

みんなで一斉に「入るよ~」と言い、入り込んでいました。

また、見た目のテントのように見えるからなのか

いつも楽しそうに蚊帳に入っていました。

 

エアコンだと冷えすぎて心配

赤ちゃんや子供が小さいうちは、

エアコンをつけて寝て冷えすぎるのが少し心配です。

特に子供は布団から必ずといってもいいほど出ていますしね…。

 

子どもが夜中に目を覚ましても蚊帳から出れない

私が使っていた蚊帳はチャックで出入口を閉じていましたが、

チャックが大人じゃないと届かない位置でした。

 

もし赤ちゃんが夜中一人で目を覚ましてしまったとしても

蚊帳から1人では出れません。

パパ・ママも安心して寝れます。

 

うちも赤ちゃんの時に、夜中気付いたら

子供が一人でおもちゃで遊んでいたという経験があります。

 

おもちゃで遊んでいただけだったのでいいですが、

親が見ていないときに何か危険なことをしてしまうと…と考えると怖いですよね。

 

蚊帳のメリット

窓を開けたまま寝れる

窓を開けたまま寝れるので、

女性や子供など冷えすぎる心配がありません。

また心地よい良い風を感じることもできます。

 

ワンタッチ蚊帳は出すのも片付けも簡単

我が家はワンタッチの蚊帳を使っていました。

・値段が安い

・片付けが簡単

これらの理由から、ワンタッチの蚊帳をおすすめします。

 

毎年出して片付けして…としなければならないので

出来るだけ簡単なものがいいかと思います。

蚊帳のデメリット

蚊の音が聞こえて不快

蚊が蚊帳のすぐそばにいると

あの嫌な「プーーーン」という蚊の音がする

網の境目から蚊に刺されることも…

旦那は寝ているときに網目のところに腕を置いたまま寝ていて、

蚊帳の中なのに蚊に刺されるという経験がありました。

 

子どもも私も、そのような経験はしませんでしたが

おっちょこちょいの方は気を付けてください。

 

最後に

子どもが生まれてから初めて『蚊帳』を検討して、実際に使ってみたのですが

子どもが小さいうちはおすすめだと思いました。

ワンタッチの蚊帳だと値段も安く、一人で片付けも楽にできました。

蚊帳を買う前に調べてみたのですが、

小さいお子さんがいるご家庭は使っているところも意外とあるようです。

 

ぜひご検討いただければと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました☆

スポンサーリンク