へそピの『ホール掃除』は必要?掃除方法やダメな方法もご紹介!

ピアス

ポン助です。

よく耳のピアスは「ホール掃除が必要」という話を聞いたりします。

へそピも同じようにホールの掃除が必要なのか?キレイにする方法をご紹介します!

簡単にできる方法なのでぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク

へそピのホール掃除は必要?

へそピも他のピアスと同様、ホールに汚れが溜まります。

なので出来るならホールを掃除してキレイに保つようにした方が良いです。

ただ、これはホールが安定している人の場合です。

もしホールがまだ安定していない場合は、無理にホールの掃除なんて意識しなくて大丈夫です。無理をしてホールに負担をかけると安定が遠のいてしまいます…。

臭いが気になる場合は…

もしへそピのホール掃除が気になったきっかけが「臭いがするから」という方は要注意です。

その臭いが、単なる「体から出る垢」なのか「化膿している」のかで対処方法が違ってきます。

もし「化膿している」ため、嫌な臭いがするのであれば、抗生物質の入った軟膏を使ったり、清潔に保つようにしてください。

 

↓ピアスの化膿によく使われる抗生物質入りの軟膏です。

臭いの原因が「垢」や「汚れ」などの場合は、これからご紹介する方法をぜひお試しください!とっても簡単な方法なので、日常的に取り入れる事をおすすめします。

掃除の方法

【準備するもの】

ミューズ(固形石鹸or泡で出てくるポンプ)

※他の薬用せっけんでも大丈夫です。

 

【掃除の手順】

①お風呂に入る

②体を洗う時に「ミューズ」を泡立ててへそピの上に泡を乗せる

③ピアスを上下に動かす

④ジャーっと流して終了

 

これだけです。泡をピアスのホールに入れて汚れと一緒に流すという方法です。

これが一番簡単ですし、これを日常的にしていれば十分です。

私はこれ以外には特にしていませんでしたが、臭いが気になったことは一度もありません。

してはいけない掃除方法

これから紹介する方法は、一見良い方法のような気はしますが…ホールに負担をかける可能性があるため行わないようにしてください。

消毒液を使う

消毒液を使ってホールを掃除する方法です。

もしホールが完全に安定していなかったり、傷口がある場合は細胞が消毒液によって傷んでしまいます。

最近では、ケガをした時も基本的には消毒液を使用しません。これは逆に消毒液が細胞を傷つけてしまうためです。これと同じ原理です。

スポンサーリンク

ピアスを取って洗う・掃除する

ピアスを取ってホールを掃除したほうがきれいになるような気がします。

でもへそピは基本的につけっぱなしが基本です。つけたり外したりを繰り返すとホールに負担をかけることになります。

 

↓へそピの排除を防ぐ方法を書いています。

ピアスフロス(耳用)を使う

耳用のピアスフロスは、そもそも細すぎるためきちんと掃除ができません。

また、へそ用のピアスはバナナバーベルなど曲がっているピアスです。そこにまっすぐのピアスフロスを入れるとホールにぶつかってしまい、傷になる可能性もあります。

上でも書いたようにピアスを外すこと自体、ホールに負担をかけます。

最後に

へそピの場合は、ホール掃除で特別な事をする必要はありません。

というより、特別な事をするとホールに負担をかける可能性が大きいので止めた方がいいです。

最後までご覧いただきありがとうございました☆

10年へそピアスと過ごした私が思うへそピアスのメリット&デメリット
へそ周りの毛が気になる!へそピを開けている人におすすめの腹毛ケア方法
タイトルとURLをコピーしました