【アクセスが気になる】ブログ運営でアクセス・PVを気にしない方法

ブログ

「ブログのPVが気になって仕方ない」「1時間おきにブログのアクセスを見てしまう…」というあなた!!

気持ちがよーーーーーく分かります。実際に私自身もブログのアクセスが気になる人です(笑)

「一日中、ブログのアクセス(リアルタイム)を見ていたいなぁ」なんて思うことは良くあります。

今回は、ブログのアクセス数が気になって仕方がないという方のために、私自身が実践している「ブログのアクセス数を気にしない方法」をご紹介します。

※厳密に言うと、ブログのアクセスは気になるけど、その結果で一喜一憂しなくなる方法です。

スポンサーリンク

アクセス数が気になるのはみんな同じ

まず、なんでブログのアクセス数が気になって仕方ないのか…

それはあなた自身がブログを一生懸命頑張っているからです。もちろん目的は様々だと思いますが、ブログに対して向き合っている人ほどアクセス数が気になるのはごくごく当たり前のことです。

ブログのアクセスを気にしないようにするのは難しく、無理やり気にしないようにするとブログに対して投げやりになってしまう可能性もあります。

ブログのアクセスを気にすることは良いことです。でもその結果で一喜一憂するのは少し違います。

この後、ブログのアクセス数で一喜一憂しなくなる方法をご紹介しますのでぜひご覧ください。

考えを切り替える方法

ブログのアクセス数で一喜一憂しなくなるためには、考え方を少し転換する必要があります。

その中で特に重要だと思うことをご紹介します。

PV=評価ではない

ブログを始めて間もない人はもちろん、続けていてもなかなか思うように結果がついてこないという方も多くいらっしゃると思います。

でもPV(ページビュー)は絶対的な評価なわけではありません。

もっというなら、現状での評価であり、今後評価が高くなる可能性も十分あります。

PVが少ないと、その記事自体に価値が無いと考えがちですが、しばらくしてから急にPVが伸びることもあります。

また、もしそのように思うのであれば何度でも記事を手直しをしたり、他の方のブログを見て勉強をすればOKです。

PVだけで、ご自身のブログの良しあしを判断するのはもったいないです。

ネットの成功者はごく一部

よくネットでは「〇ヶ月で収益が〇〇万円」なんていう方も目にします。でもそれはごく一部の人のみです。本当にそんな収益化ができるのは、かなりの運と才能が無いと無理です。

一般人がブログですぐに収益化することは難しいです。なのでそんな成功者と自分を比べても仕方ありません。

もしそのような短期で収益を求めているのであれば、悪いことは言わないのでブログは諦めたほうが良いです。

ブログは焦っても、頑張ってもすぐに結果を出すことはまず無理だと思っておいた方が良いです。

長い期間でブログを育てる

ブログは少しずつ努力して記事をアップしていき、少しずつゆっくりと成長していきます。

目先のアクセス数でやる気がなくなるのは本当にもったいないことだと思います。

1年後、2年後と長い期間で少しずつブログを育てるように意識をしてください。そしてアクセス数もそのような長い期間で増やしていくくらい気持ちに余裕を持つようにしてみて下さい。

1日のアクセスは不安定が当たり前

1日当たりのアクセス数は不安定なのが当たり前です。

ブログの記事を読んでくれるのはほぼ新規の方です。その日、その時期でアクセス数が変動するのは当たり前です。

特にアクセス数が少ないうちは、数の変動で一喜一憂しがちですが、1日当たりのアクセス数ではなく、1か月~数か月ごとのアクセス数など長い期間で見るようにしてみて下さい。

目先のアクセス数を気にしても仕方ないことに気付くと、少し気分が楽になります。

目標は努力で達成できるものにする

目標を持つことはとてもいいことです。でも目標の内容は努力次第で実現可能なものにしてください。

×「1日あたりのアクセス数の目標を100にしよう」
「1週間に記事を3つ書こう」

上のようにアクセス数の目標を100に設定したところで、自分自身ではどうしようもありません。皆さんが検索するかしないか次第です。

このように自分自身の努力ではどうにもできない事に対して目標を設定して、達成したか・未達成だったかをみても仕方ありません。

「1週間に記事を3つ書こう」のように自分の努力で達成ができる事を目標にして取り組んでみて下さい。

PVよりもどの記事が読まれているのかを見る

私がアナリティクスを見る時にはどの記事が多くみられているのかを見るようにしています。

もちろんアクセス数も気になるので一緒に見るようにしますが「今日は少なめだなぁ」と思う程度にしています。

ブログ自体をより良くしていくためには、「その日にアクセス数が多いかどうか」よりも「どんな記事が多くみられているのか、需要があるのか」を確認したほうが絶対に意味があります。

アナリティクスなどでアクセス数を見る時にも、ぜひ意味のある見方をしてください。

最後に

今回は、アクセス数を気にしない方法をご紹介しました。

私自身もアクセス数が気になるので、ついついアクセス数で一喜一憂してしまう方の気持ちも良く分かりますが、一喜一憂しても仕方ないことに気付きました。

ぜひ、一喜一憂するよりもより良いブログにするためにどうしたらよいのかを考えて欲しいと思います。

最後までご覧いただきありがとうございました☆

タイトルとURLをコピーしました