【ダイソーVSトライアル】ウェットティッシュを比較してみた

商品レビュー

我が家はずっとトライアルの「除菌ウェットティッシュ」を愛用していました。よく入り口付近のカゴに山積みに置いてあるウェットティッシュです。

そんな中、ダイソーで気になるウェットティッシュを発見しました。「しっかり厚みのあるウェットティッシュ」です。

今回は、この2つのウェットティッシュを徹底比較してみました。

それぞれの良さを紹介していきますのでぜひ最後までお付き合いください。

スポンサーリンク

トライアル「除菌ウェットティッシュ」

トライアルの入り口近くにカゴに山盛りで置いてあるウェットティッシュがあります。

100枚入りで129円と激安です。※コロナ禍前は99円だったんですが…。

Twitterでも人気の商品です。

安いので気にせずどんどん使えますし、子供がいる我が家では重宝する商品です。

1枚取ると、次の1枚も出てくるためどんどん使いたいという方にはおすすめです。

ただ1つ残念なのが、少し小さめ&薄いという点です。机を拭いたり、床掃除などに使うと1枚では足らず、2枚、3枚と追加で使用しなければいけません。

ダイソー「しっかり厚みのあるウェットティッシュ」

ダイソーでウェットティッシュコーナーを見ていると80枚入りで100円と激安の商品もありましたが、「しっかり厚みのあるウェットティッシュ 70枚入り」を購入してみました。

70枚入りで110円とこれまた激安です。

人気でなかなか購入できないという方も多いようです。

このウェットティッシュは1枚ずつ取り出せ、ティッシュのように次の1枚が出てくることはありません。少量ずつ使いたいという方はこちらの商品の方がおすすめです。

徹底比較

それでは2つの商品を徹底比較してみます。

使うシーンによって好みがわかれると思います。

価格

2つの商品の価格を比較してみます。

トライアル:1枚当たり1.29円(100枚入りで129円)

ダイソー:1枚当たり1.57円(70枚入りで110円)

どちらも安いのは変わりないのですが、毎日使うと考えると少しでも安い方がありがたいのが正直なところです。

値段はトライアルの方が安かったです。

大きさ

続いて大きさを比較してみます。

トライアル:約125×200mm

ダイソー:150×180mm

ダイソーの方が一回り大きいので、しっかり使いたいという方にはダイソーの方がおすすめです。

厚み

厚みはパッケージに表記がありませんが、上記の写真を比較していただくと分かるように明らかにダイソーの方が厚みがあります。

トライアルのウェットティッシュはなかなか薄いので机を拭くときなどは半分に折って使っています。

厚みはダイソーが圧勝です。

乾きにくさ

1枚当たりの乾きにくさを比べてみました。

2種類のウェットティッシュを左右で持ち、床掃除をしてみました。

ダイソーの方が厚みがあるので、ダイソーの方が絶対に乾きにくいと思っていたのですが…結果は違ったんです。

トライアルの方が1枚当たりしっかり濡れていて乾きにくかったです。ダイソーは、持った瞬間、あまり濡れてないのが分かるほどでした。※購入して翌日使っているので、中が乾燥しているわけではないと思います。

厚みとは相反してトライアルの方が乾きにくく、ウェットティッシュとしての機能は優れていました。

スポンサーリンク

結論

いくつか気になることを比較してみましたが、どちらが良いのかを私目線で紹介します。

強いて言うならトライアルの「除菌ウェットティッシュ」の方がおすすめです。

安く、大容量なので気にせず使えるという点が大きいです。

そしてダイソーのウェットティッシュは思ったより濡れていなかったのが私の中ではかなりのマイナスでした。※そうは言っても十分ウェットティッシュなんですけどね!あくまでトライアルの商品と比較したら…という程度です。

とにかくマメにたくさん使いたいという方はトライアルのウェットティッシュがおすすめです。

一方、1枚でしっかりと使いたいという方は厚みのあるダイソーのウェットティッシュがおすすめです。

最後に

今回は、トライアルとダイソーのウェットティッシュを比較してみました。

ダイソーで気になる商品を見つけたので思わず気になり購入してみましたが、さすがダイソー!コスパはすごいと思いました。厚みがあって70枚も入っているのは優秀過ぎると思います。

使い方によって好みが分かれると思うので、ぜひそれぞれのウェットティッシュを見かけたら使ってみて下さい!

最後までご覧いただきありがとうございました☆

タイトルとURLをコピーしました