リビング収納が大活躍!我が家の家づくりをご紹介

家づくり

ポン助です。

これから家を建てる方にぜひおススメしたいのが

『リビング収納』です。

今回は、我が家でも大活躍している『リビング収納』をご紹介します。

スポンサーリンク

なぜ『リビング収納』がいいの?

我が家は家を建てるときに特に『リビング収納』にこだわりました。

その理由は主に以下の3つです。

リビングをきれいに保てる

一番の理由は「リビングをきれいに保てる」事です。

リビングは、家の中でも一番多く過ごす場所なので、物が増えてしまいがち…。

 

見える場所に置くと、どうしても散らかって見えてしまいます。

収納棚にしまって扉を閉めてしまえば、リビングはきれいに保てます!!

リビングだけでほぼ生活できる

我が家の場合、リビング収納に以下のものを収納しています。

・子供服

・大人服

・文房具

・常備薬

・本など

 

寝る、お風呂、トイレ以外はほぼリビング(LDK)で生活できます!

危ない・危険なものを片付けられる

我が家は小さい子供がいるので、

ハサミや小さいもの等、子供の手の届かないところに収納しています。

これは本当に便利です!

 

逆に、実家に連れて行くと、セロハンテープのテープカッターが手の届く場所にあったりと目が離せません…。

スペースはどれくらい必要?

我が家の場合、リビング収納を1帖×2か所設けました!

これなかなかのスペースがあるので、結構な量を収納できます。

 

ちなみに、ウォークインクローゼットではなく、⇩こんな収納にしました。

ウォークインクローゼットよりも、最大限に収納できるためです。

 

収納のスペースは、各家庭なにを収納したいのかによって

違ってきますが…多ければ多いほど、生活がほぼリビングで出来るので楽です!

我が家の場合

収納を2か所設けていますが、

1つは可動棚を付けて、必要に応じて高さを変えながら収納しています。

予算が許すなら可動棚の方が絶対に良いです!

住み始めて2年半たちますが、3回くらいは棚の高さを変えました。

 

そしてもう1つの収納は主に服を収納しています。

引き出しを置き、畳んだ服を収納できるように&ハンガーで服を掛けれるようにパイプも設置しています。

収納扉の色も一工夫

我が家は収納扉の色を『白色』にしました。

これは、壁紙と出来るだけ同化するようにしたものです。

 

「いやいや、白の色も少し違うし、意味ないでしょ( ゚Д゚)」って思いますよね!?

絶対白の方が良いですよ!!!

そりゃあ扉を見れば、よくわかりますが、スペース全体を見たときに

色が違うよりは部屋が広く見えます。

最後に

我が家の家づくりで最も意識した『リビング収納』をご紹介しました。

これは、本当にあったほうが良いです!

急なお客さんのときにも、ひとまず隠せれます( *´艸`)

ぜひご検討ください。

最後までご覧いただき、ありがとうございました☆

タイトルとURLをコピーしました