子ども・赤ちゃんのベッド落下防止方法5つ

スポンサーリンク
育児

ポン助です。

引っ越しをしたり、子供が生まれたときなど、

小さいお子さんがいる家庭では『ベッド』って結構危険なものですよね。

子どもがベッドから落下しないように、また落下してもケガをしないような方法をご紹介します。

スポンサーリンク

ベッドは子どもが落ちて危険…

我が家は、引っ越し前は和室で布団を敷いて寝ていました。

しかし引っ越し後、寝室はフローリングに…。

これはベッドを使うしかない!((+_+))とベッドを準備しました。

 

ただ、実際にベッドを使ってみると、夜中に子供がベッドから落ちて号泣。

これが毎日でした…。

何か方法はないかと調べたのですがなかなかいい方法が見つかりませんでした。

試行錯誤しながら、今の方法に行きついたのでご紹介します。

ベッド落下防止方法

簡単に出来るベッド落下防止方法をご紹介します。

使わない布団を段差に折って敷く

これが一番おすすめです!!

ベッドと床の段差部分に使わなくなった布団やクッションを折って敷き詰めます。

もし夜中に寝返りで落ちたとしても、衝撃を抑えれるのでケガの予防になります。

なんなら、落ちてもいたくないので、そのまま朝まで寝ています…。

 

また、寝るときも抱っこをしなくても、敷き詰めた布団を踏んでベッドに上がれます。

子どもが3歳くらいまでは、この方法が安全&簡単なのでおすすめです。

ベッドを壁にくっつける&端はパパ・ママが寝る

これも、わが家で実践している方法です。

まず、ベッドを壁にくっつけます(うちの場合はシングルベッドを3つ連結)

そして壁側に子供を寝させ、段差のある端側は親が寝ています。

 

壁にくっつけるだけで、だいぶ落下を防止することができます。

ただ、たまには壁とベッドのすき間を開けて換気をしてください。

長期間くっつけたままにしているとカビ発生の原因になるかもしれません

(うちは発生したことはありませんが)

ベッドを連結させる

我が家はシングルベッドを3つくっつけて4人で寝ています。

3つもくっつけるとかなり広いスペースで寝ることができます。

ただ子どもは寝返りしまくるので、それくらいで十分かと…。

また、連結させたほうが落下もしにくくなります。

※連結と言っても特別な器具などは使わず、単にくっつけているだけです。

ベッドガードを使う

ベッドガードはベッドの落下を防止するもので、ネットなどにたくさんの種類が売ってあります。

ただ…個人的にはあまりお勧めしません。

・全面のベッドガードは売ってない➡すき間から落ちてしまう

・複数個つけてベッドガードをしたとしても就寝時&起床時に毎回取る必要あり➡面倒

・そもそも高い➡子供の落下防止用に何個も買うと結構な金額になります

和室があるなら布団に移行してみる

我が家は引っ越しするまで和室に布団を敷いて寝ていました。

これが一番安全です!落ちることがないので…。

もし和室があるお家なら、和室で布団を敷くのが良いかと思います。

最後に

今回は実際に実践してみて良いと思った方法をご紹介しました。

子どもは夜中に本当に動き回るため、何か対策をしないとベッドから落ちて危険です。

何回か落ちたら慣れる・学習するだろうとも思いましたが…そんなことはありませんでした。

小さいお子さんがいるご家庭の参考になればと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました☆