『電気毛布』と『布団乾燥機』はどっちがおすすめ?電気代やダニ退治などを比較してご紹介

雑記

ポン助です。

寒い寒い冬の時期、寝ようと思って布団に入るった時にヒヤッとするのはストレスですよね。

布団を温めるツールはいくつかありますが、その中でも代表的な「電気毛布」と「布団乾燥機」の電気代ダニ退治について比較してご紹介します。

スポンサーリンク

電気代を比較

まず、電気代を比較してみます。

電気毛布

電気毛布を「強」で1時間使用した場合

1.485円です(※強=55W 1kWh 単価=27円で計算)

ちなみに成虫のダニを死滅させるには、50℃の温度で30分間暖める必要があるので1時間くらいの使用で大丈夫かなぁと思います。

布団乾燥機

布団乾燥機をダニモードで1時間使用した場合

14.58円です(※ダニモード=540W 1kWh 単価=27円で計算)

ちなみにダニ対策に必要な使用時間はメーカーなどによって様々ですが90分~120分くらいのものが多いです。中には5時間のものもあります。

スポンサーリンク

ダニ退治機能を比較

成虫のダニを死滅させるためには、50℃の温度で30分間暖める必要があります。

電気毛布も布団乾燥機もそれぞれ、ダニ退治機能をうたっている商品は50℃以上になると思いますので、機能としては変わらないと思います。

ただ、電気毛布・布団乾燥機に共通して言えることがあります。

それは…ダニを死滅させるだけという事。

布団にいるダニを死滅させるだけでは死骸が布団に残ってしまいます。

そのため布団用掃除機などを掛けることをお勧めします。



選ぶポイントは?

電気毛布と布団乾燥機、それぞれの選ぶポイントを紹介します。

電気毛布

電気毛布は正直、そんなにどれも変わらないように思います。

我が家は「ダニ退治機能」がついているものを買うようにしています。


布団乾燥機

最近の布団乾燥機はホースを伸ばして布団の中に入れ、掛け布団を掛けるだけで布団全体が温まるような布団乾燥機がたくさん販売されています。

ホースタイプのものの方がセットが楽なので、個人的にはおすすめです。

また、靴の乾燥や洗濯物の乾燥にも使えるようなものがあります。

予算が許すなら、そのような汎用性のあるものの方が活躍すると思います。



最後に

我が家は、安価&電気代のあまりかからない電気毛布を愛用しています。

ただ、電気毛布を使用する際の注意点が1つあります!

それは、寝るときは必ず消すこと!!

私もたまにつけっぱなしで寝てしまうことがありますが…暑くて目が覚めます。

睡眠の質が落ちる原因になるようですので、つけっぱなしにしないように気を付けてくださいね。

布団乾燥機は布団に入ったときにカラッとしているので気持ちがいいですよね。

電気毛布はカラッとはしないので…そこは大きな差です。

好みによって選ぶといいかと思います。

最後までご覧いただき、ありがとうございました☆

タイトルとURLをコピーしました